ABCクリニックでは出来るだけ痛みの少ない手術を取り組んでいます。

手術の痛みは?

包茎手術で気になるのは痛みの問題だ。

 

ABCクリニックのような美容外科では、痛みの少ない麻酔を用意している。
術式にもよって変わるが丁寧なカットと縫合をするので泌尿器科のクリニックを利用するよりも痛みは少ない。

 

手術の痛みは麻酔時と術後の2種類があり、切る包茎手術の場合はある程度の痛みを覚悟しておかないといけない。どのくらいの痛みを伴うのか紹介しよう。

 

 

麻酔の痛み

ABCクリニックは塗る麻酔細い針を使った注射による2段階の麻酔を用意してる。
ほぼ無痛に近いが針を刺す以上完全に無痛を約束されたものではない。
一つのポイントになるのは、先進の麻酔技術が全て基本プランになっていて追加料金がかからないことだ。
他のクリニックでは、無痛麻酔はプラス3万円などオプション設定にして、利用しないと相当痛むと脅して高額なプランへ誘導してくる。
一部のクリニックは、口からの吸引など全身麻酔による対応をしているケースもあるが、全身麻酔は人体への健康被害リスクもあり、包茎手術程度で利用するのは医療的に適切ではない。
完全無痛ではないが、痛みを少なくする方法を取っていて、麻酔の種類で料金が変わらないのはABCクリニックの強みだと評価できる。

→ABCクリニックの麻酔とカウンセリングについて

 

 

術後の痛みは術式によって変わる

医師

ABCクリニックの包茎手術は、仮性包茎向けにクランプという器具とレーザーメスを使ったCSカット医師のハンドメイドによるSカットの2種類がある。(Sカットは包茎の種類によって料金は変わる)

 

CSカットは簡単な術式なので費用は安いが、レーザーメスを使うため切り口が荒くなるので術後の痛みは出やすい。
高額でもSカットが人気になる要因は仕上がりの綺麗さと術後の痛みがCSカットより少ないからだ。

 

Sカットでも包皮をカットするので術後は相応の痛みが発生する。
シャワーや入浴、性行為(自慰含む)は一定の禁止期間もあるが、仕事を休まないといけないほど強い痛みは出ない。
口コミを見ても、それなりに痛むけど、コンプレックスを抱えていた心の傷を考えれば全然耐えられる範囲という内容が中心である。

 

また、術後の痛みはメスを入れる部位の多さと連動する。
ABCクリニックは独自に切らない長茎術を用意していて、包茎手術と一緒に治療される方も多い。

 

 

ABCクリニックは安全性にこだわった最新設備を導入していて、常勤医師も多い大手ならではの万全なアフターケア体制で手厚いサポートをしている。
包茎手術は医療ミスによるトラブル事例もあるが、ABCクリニックは安いけど安全性の高いことで人気を集めて全国展開に成長させた経緯がある。