手術前に担当医から丁寧な説明を実施し、手法や経過に関する納得をしてから治療を行います。

カウンセリングとアフターケア

カウンセリング

ここで患者は担当医師に要望を伝えます。
そして担当医師はその要望を叶える手術の説明をし、その中では手術方法自体や、実際に手術を行う箇所を診断し、術後のことまで含めた細かい説明をします。

 

もちろん不明な点は遠慮なく質問することができます。
費用に関することだけでなく、手術における不安点や疑問点、性器の悩みにおいてもここで伝えることができ、担当医師もそれにしっかりと回答をしてくれます。

 

手術前から手術まで

手術前には申込書の記入が必要となります。
ここでの注意点としては、申込書の記入の際にシャチハタ以外の印鑑が必要なことです。
さらに未成年の患者は同意書に加え、両親のどちらかが一緒に来院することが必要になります。
ここでは術後の注意事項を記した用紙も渡されるので、よく確認し、不明な点は必ず質問してください。

 

手術自体は一度で終わるものもありますし、何度か通院が必要になるものがあります。
もちろん手術前にこうした説明も受けられるので、思っていた治療期間と違うなどというトラブルも起こりません。
ただ、一般的な包茎手術では、大抵の場合は手術後にすぐ帰宅することができます。

 

 

アフターケア

薬などによる料金がかかりますが、ABCクリニックの場合、こうした料金は全て手術費用の中に含まれています。また、術後の通院が必要な際には担当医師による指示があるので、それに従うようにしてください。

 

仮に術後、何らかの問題や不安点があれば気軽に相談できますし、無料のメール相談も行っています。

 

治療の流れとしてはこのようになっています。

また、肝心のセックスにおいてはおおよそ3週間から4週間ほどでできるようになりますし、通常の生活自体は治療の翌日から可能になります。

 

手術の技術も確かなものなので、包茎手術による跡が残る心配もなく、周囲に治療の件を知られる心配もありません。
手術と聞くと大がかりなイメージを受けてしまいがちですが、包茎手術に至っては、気軽といっても過言ではないほどすぐに終わりますし、安全性も高いものになっています。